ランラン フラン
かわいくておてんばなパピヨン、フランとの日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気に入りの場所
だんだんと秋らしく朝晩冷え込んできました。

しかし昼間には、暖かい日差しが

部屋に入ってきます。

そんな中でフランのお気に入りの場所は

もちろんホカホカの日差しを浴びた床です。

20051031153808.gif
誰にも譲らないもん!

スポンサーサイト
やっと・・・
やっと・・・やっと撮れました。

フランの半目の睡眠すがたを・・・。


20051026222151.gif


よーく見てると、黒目がせわしなく動いてるんだね。

どんな夢見てるんだか (¬o¬)
犬が怖い・・・過去
私のプロフィールを見ていただいても分かるように

私は小さいときからフランを飼うまで(ウン十年)

犬はとってもとっても怖かったのです。

それというのも、やはり犬が怖い母に育てられたせいです。

今でも実家にフランを放すことは出来ず、

重たい思いをして持っていくケージの中で過ごしていただくわけです。
(ごめんよフラン)

犬を見ていると可愛いと思うらしいのですが、

近くに行ったり、触ったりは出来ないのです。

犬が怖い人っていうのは、とにかく噛まれるのが怖いのです。

噛まれたことがなくても、やっぱり恐怖なのです。

そういう私は、小さいころから母に教わってきた

犬への対処法がありました。

道で野良犬に会ったら・・・(昔は結構いたよね野良犬が)

 1.目を合わせない
 
 2.走らない

 3.手を振って歩かない
(振った手が面白そうだといってついてくる)
 
この3つを守れとよく言われてました。(効き目あるのか??)

素直な私は言いつけを守り、意地でも犬のほうを見ないようにし、

両手を両脇にはさんで、競歩のように早歩きでその場を立ち去る

かなり怪しい子どもでありました。

 20051025125601.gif
そんなことより早く散歩連れて行ってよ
ネロくんがすっきりしてる訳
本当にお久しぶりです。

穴があったら入りたいくらいサボっとりました。[壁|(・・ )))。。。サササ

今日の話題はフランの兄弟犬ネロくん。

ネロくんの飼い主さんはとってもいい人です。

ネロくんを家族の一員として本当に可愛がってるし、

話をしていてもいい人って感じが滲み出ていて

正直、ネロくんがいい人に飼われていて

おばちゃんとしては安心しているわけです。

ただ・・・ただね

一つだけ言うならば

ネロくんに発生する毛玉の多さには驚きなんです。

春ごろには、両耳の後ろに直径3センチくらいの毛玉が。

驚いて聞いてみると、飼い主さんいわく

「この毛玉触ってると可愛くなっちゃって、取るのが惜しいの」と・・・

いや、それは・・(o ̄∇ ̄)o!!

あかんやろ

そこで、毛玉はワンちゃんにとってよくないものなんだよと話したら

飼い主さん

「知らなかったわ。じゃあすぐトリミングに行かなきゃ」と。

これで安心した私。

    だが

先日またしても見つけてしまったのさ。

左耳うしろ、胸、脇、尻尾の合計4箇所に結構な毛玉を発生させているのを・・・

申し訳なさそうな飼い主さん、その後サマーも済んだ今の時期

サマーカットにしてきました。

20051024204037.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。